自動制御で電気代を下げる|賢い節約方法を公開

女の人

HEMS導入で電気代節約

メンズ

電力使用状況を住宅が管理

空調設備や照明器具などの電気製品は毎日大量の電力を消費しており、家電製品の数が多いほど電気代も多くかかってしまいます。近年ではそうした電気製品を自動制御して集中的に管理し、無駄な電力消費をカットする技術が開発されました。すでにオフィスビルや商業ビルでは高度な自動制御システムを導入しているケースが増えており、中央監視システムで電力消費状況を管理する方法が普及しているのです。一般の住宅でもこのような自動制御システムの導入が可能な水準にまで低価格化が進み、多くはHEMSの形で売り出されています。HEMSとは住宅用エネルギー管理システムを意味する略語で、電気製品の自動制御システムに加えて太陽光発電や蓄電池とセットになっている例が少なくありません。住宅メーカーで発売されている一戸建て分譲住宅でもこうしたHEMS採用例が増えており、省エネに関心の高い人の間で注目を集めているのです。HEMSを導入した住宅では家中の電力使用状況を住宅が管理するため、あらゆる電気製品が自動制御の下に置かれます。電力使用状況は可視化され、無駄な電気代がどれだけ節約できているかが直感的に視認できるようになりました。

最も有利な導入方法

こうした自動制御システムを効果的に稼働させるには、家の中にあるすべての電気製品をその管理下に置く必要があります。既存の住宅に導入して電気製品を管理システムに接続することも可能ですが、あらかじめHEMSを組み込んだ形で設計された新築住宅の方が有利なのは言うまでもありません。そのため今後新築住宅を購入しようと考えている人にとっては、HEMSや太陽光発電システム・蓄電池を備えた住宅が有力な選択肢となります。あらゆる電気製品を自動制御できる住宅に住むことで無駄な電力消費がカットされるだけでなく、太陽光も有効活用することができるのです。月々の電気代を節約することで数年から数十年という単位でランニングコスト削減効果が発揮され、初期購入コストも相殺されます。今後HEMSなどの自動制御システムが一般住宅の間でも広く普及すれば、全国的な電力消費量の削減効果にもつながるのは間違いありません。発電に関わるエネルギーもそれだけ多く節約されることで、地球環境の改善にも大きく貢献できるのです。大規模なビルではすでに常識となりつつある自動制御システムが、今や一般家庭でも手が届くほど身近な技術となっているのです。

外周警備システムの効果

フェンス

学校や各種施設・企業などは部外者の立ち入りが厳しく制限されるため、フェンスなどを使った不審者対策を行っています。そうしたフェンスと侵入検知センサーとを併用した外周警備システム導入により、施設のセキュリティは向上します。外周警備システムには赤外線センサーや振動センサーなど、多くの種類が挙げられます。

More Detail

除染や電気トラブルも解決

スーツの人

株式会社アトックスは、鈴木貞一郎氏が代表を務める会社です。原子力関連施設の管理や除染をしていることで知られています。けれども、実は電気工事やビルメンテナンスサービスなど身近なサービスも提供しています。

More Detail

センスある雰囲気を求めて

店内

店舗のデザインを決める上で、外装や内装などの雰囲気は才能に左右されます。その種のセンスに自信がない場合はプロに頼っていくこともできるので、交渉次第でオシャレな店舗が目指せるようになれます。お店の雰囲気は売り上げや人気にもつながるため、デザインを決める作業はとても重要な部分です。

More Detail